FC2ブログ
01.22
Fri
 2014年1月に任意団体日本郵趣連合として発足、活動を続けてまいりました当組織ですが、昨年より法人化の手続きを進めて参りました。このたび「非営利型一般社団法人」としての登記の手続きが完了、2016年1月18日より、晴れて「一般社団法人全日本郵趣連合」として、名称も新たに門出を迎えることとなりましたので、ご報告申し上げます。

 なお、これまで福井にございました事務所(連絡先)は、東京都世田谷区上用賀に移転することとなりました。各担当のメールアドレス等は変わりありません。今後、銀行口座の名義等、切り替えを進めてまいりますが、会費等の振り込みは旧口座への送金でも当座、支障はありません。

 すでに払い込まれた本年度の会費等につきましては、新法人の本年度の会費として引き継がせていただきますのでご安心ください。新法人となって1冊目となる会誌『全日本郵趣』の発行(2016年春号)は、本年4月上旬ころを予定しております(各種の告知事項の発表時期の関係で、多少、前後する可能性があります)。本年も通常号4冊、増刊号1冊を刊行の予定です。旧任意団体の会計報告は2016年春号に掲載します。一般法上の規定で法人の公告は「事務所の公衆の見やすいところに掲示」としていますが、この他に会誌等でも発表します。

 会長は新法人でも正田幸弘が続けて務めます。また副会長として、井上和幸(会誌・鑑定担当)、内藤陽介(全日本切手展担当)、山﨑文雄(国際連絡担当)が補佐をする形となり、この4人が当法人の一般法人法上の代表理事となります。理事については今後ホームページ等でご紹介させていただきます。 

toukis.jpg

comment 0 trackback 0
01.18
Mon
以下2冊は昨年末発行発送済みです。会員の皆さんでもし未着があれば至急、事務局までご一報ください。
なお、主としてヤマトDM便による発送のため、転居の場合は一切転送されません。
ときに旧居のポストに投函されて、当方の検索では配達されたことになっている場合があります。
転居の際は、新住所を事務局までご一報ください。

2015年冬号

hyoshi2015-4_h1.jpg

2015-4_contents.jpg

2015年増刊号<全日本切手展2015全記録>

2015annex_hyoshi.jpg
2015-annex_contents.jpg

comment 0 trackback 0
07.12
Sun
会員の皆さまへの発送が(ごく一部の方を除く)完了いたしました。
到着まで今しばらくお待ちください。

hyoshi2015-2s.jpg
2015-2_contents.jpg

comment 0 trackback 0
01.20
Tue
 昨年8月に開催された全日本切手展2014。初の試みとして、その全貌をフルカラーで紹介した「全記録」が1月30日に出版されます(A4判、ソフトカバー、フルカラー120頁)。「全日本切手展2014」の競争出品の全ての作品が、フルカラーで紹介されているほか、巻末にはワンフレーム部門で大金銀賞を受賞した池田健三郎さんの「藤原鎌足5円」についての読切論文(15頁)もついています。

 厚さ約6.5mmの“ほぼ単行本”ですが、あくまでも季刊「全日本郵趣」誌の2014年増刊号としての発行です。よって同誌2014年会員(購読会員会費:4000円/年)の皆さまには全員に無料でお届けします。お楽しみに。

 今回の増刊号発行と同時に新年度(2015年)の会員募集が始まりますが、今でしたら2014年からの会員になっていただくことも可能です。お問い合わせは、日本郵趣連合事務局 info@yushu-rengo.jp(スパム防止のため@は半角にしてください)まで。

追記:2015年2月1日付で全ての発送作業が完了しました。もしも2月1週中に届かない場合は事務局(info@yushu-rengo.jp:※スパム防止のため@を半角にしてください)までご一報ください。

007annex_h1-4.jpg

007annex_contents_ss.jpg

comment 0 trackback 0
01.01
Thu
「全日本郵趣2014年冬号(通巻604号)」は12月29日に発送しました。そろそろ皆様のお手元に着くころと思います。今号は「大金賞への道-テーマティク手法の分析的アプローチ」、パソコンでのリーフ作り、マレーシア2014レポートなどを掲載しております。2014年度はもう1冊、「全日本切手展特集」増刊号の発行を予定しています。


hyoshi2014-4s.jpg


2014-4_contents.jpg

comment 0 trackback 0
back-to-top