FC2ブログ
06.06
Thu
 2020年5月2日から9日まで、イギリス・ロンドン市の Business Design Centreで、FIP後援の世界切手チャンピオンシップ<LONDON 2020>が開催されます。
 本展の特別規則から、出品に関する事項を抜粋しました。正式な規則の文言ならびに出品に必要な書類の用紙や規則の正式な文言などは、必ず、同展のウェブサイト(http://www.london2020.co )でご確認ください。なお、出品の申込書等は同サイトの
トップページにリンクが表示されています。

<コミッショナー(暫定)>
 遠方のため審査員兼任となる予定ですが、現時点で日本からの審査員については詳細未定のため、今回の作品募集については、とりあえず全日本郵趣連合事務局(井上和幸)が代行します。ちなみに井上もロンドンには行きますが、現地ではコミッショナー補助のみとなる予定です。ご了承ください。

 全日本郵趣連合事務局 ロンドン展係
 〒158-0098
 東京都世田谷区上用賀6-33-16-402
 電子メール london2020@yushu-rengo.jp
 (スパム防止のため@を小文字にしてください)
なお、IREX(特別規則)の要点は下記の通りです。

<国内出品締切>
・2019年7月10日(水)(必着)までに全日本郵趣連合事務局宛に出品申込書とイントロダクトリーページ(タイトルページ)を送付してください。郵送も受け付けますが、可能な方は電子メールでのご送付でお願いいたします。なお、以前の出品作品のタイトルを変更して出品する場合は、必ず、以前のタイトルを出品申込書に記載してください。 また、申込書のご送付は、中国世界展のため事務局が不在となるため、なるべく、6月25日以降にしていただけると助かります。
・組織委員会からの出品可否の通知は2019年9月30日頃を予定 。

<出品料>
・すべての出品料は以下の通りです。
・ユース、文献、ワンフレームを除く部門:1フレームにつき70英ポンド
・ユースは25英ポンド
・文献は1件につき25英ポンド
・ワンフレは1作品90英ポンド 

<搬入の方法>
・フレーム出品:コミッショナーが全ての作品を手で持ち込むことが要求されますので、原則として、コミッショナーによる所定の運搬手数料[1フレーム当たり4,000円]を申し受けるほか、航空会社から超過料金等を請求された場合には、別途、応分のご負担をお願いいたします。
文献作品:2020年2月1日必着で、各1部ずつお送りください。
送り先の住所は、今後、コミッショナーを通じて連絡されます。

<出品クラス>
 競争出品
― Class 1:ワールド・スタンプ・チャンピオンシップ・クラス
(過去のFIP展でLGまたはFIPグランプリ受賞の作品)
― Class 2:郵便史
 2A 郵便史
 2B マルコフィリー
 2C 歴史・社会的・特別研究(いわゆる郵便史2C)
― Class 3:伝統郵趣
― Class 4:航空郵趣
― Class 5:収入印紙
― Class 6:ステーショナリー
― Class 7:テーマティク
 7A 自然  7B 文化  7C 科学技術
― Class 8:郵趣文献
 通常の出品申込書に加え、文献用の情報フォームを記入すること。
8A 印刷された文献(書籍、カタログ、定期刊行物)
8B デジタル文献(デジタル書籍、ウェブ、ソフト)
― Class 9:オープン郵趣
― Class 9:収入印紙
― Class 10ワン・フレーム(1フレーム出品)
  出品申込書には、以下のA-Hのどのサブクラスに該当するか、ご記入ください。
  10A国別伝統 10B郵便史 10Cポスタル・ステーショナリー 10Dその他
― Class 11:現代郵趣(過去20年間)
 (A)国別伝統、(B)郵便史、(C)ステーショナリーの各分野。
*国内展での受賞歴に関わらず、コミッショナーの推薦があれば出品可能。
― Class 12:絵葉書クラス(実験クラス・5フレーム出品のみ受付)
― Class 13:ユース 
  A)2020年1月1日時点で15歳まで B)同16歳から18歳 C)同19歳から21歳

<フレームおよびリーフの大きさ>
 展示フレーム数は2,750フレームとなる予定です。保護ラップ込の1リーフの大きさは、1フレーム16リーフで構成の場合は、24.5×30cmを上限としてください。また1列の横幅は990mmを超えないようにしてください。上辺30cmを超えた場合でも受け入れられますが、事前に組織委員会への連絡と承認を要します。

*事務局(暫定コミッショナー)より
 本切手展は、展示会場のスペースが限られるため、前半後半で展示替えをします。よって各作品の展示期間は4日間のみとなります。4日目の夜に展示替えが行われますが、作品の返却は切手展の終了時となります。前半後半に振り分けられる部門の割り振りは、現時点では未発表です。

以上
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
back-to-top