fc2ブログ
02.02
Fri
 2024年7月3日から7日まで、インドネシア・ジャカルタ市の Pos Bloc Jakarta(Jl. Pos No. 2, Jakarta Pusat 10710)で、FIAP後援のアジア国際切手展<JAKARTA 2024>が開催されます。なお、本アジア国際切手展から「第〇回」の表示は原則として行わないことが2023年11月に開催されたFIAP総会で決まっております。
 本展の特別規則(1/27更新)から、出品に関する事項を抜粋しました。2024年1月に初めて発表された同展の特別規則は今なお小さい修正が繰り返されており、正式な規則の文言ならびに出品に必要な書類の用紙や規則の正式な文言などは、必ず、同展のウェブサイト(https://jakarta2024fiap.com/ )でご確認ください。出品申込書への署名はJAKARTA2024特別規則に承諾したと見なされます。なお、出品の申込書等は同サイトのEXHIBIT APPL FORM、LIT INFO FORMにリンクが表示されています。
 本展のコミッショナー職務については、「コミッショナーの職務に関するガイドライン」(2022年11月1日施行)が適用されます。

<コミッショナー>
 井上和幸(いのうえ・かずゆき)
 〒156-0054 東京都世田谷区桜丘4-25-8
 電子メール doctor@jipp.jp (スパム防止のため@を半角に読み替えてください)
なお、IREX(特別規則)の要点は下記の通りです。

<国内出品締切>
・2024年2月25日(日)(必着)までにコミッショナー(井上)宛に出品申込書とイントロダクトリーページ(タイトルページ)を送付してください。郵送も受け付けますが、可能な方は電子メールでのご送付でお願いいたします。なお、以前の出品作品のタイトルを変更して出品する場合は、必ず、以前のタイトルを出品申込書に記載してください。
・組織委員会からの出品可否の通知は2024年3月30日頃を予定(遅れる場合あり) 。

<出品料>
・すべての出品料は以下の通りです。(ごく直近に値上げが行われており、今後も変更がある可能性があります。最新の同展ウェブサイト上の金額を正とします。)
・ユース、ワンフレーム、郵趣文献を除く部門:1フレームにつき50米ドル
・ユースは無料
・ワンフレームは1作品75米ドル
・郵趣文献は1作品60米ドル
出品料はアクセプト確定連絡を受信後に、そのころのレートを基準にして見込み額で日本円で徴収し最終的に実費に基づき精算する予定です。
<搬入の方法>
・フレーム出品:コミッショナーが全ての作品を手で持ち込むことが要求されます。郵送・カーゴ等による送付は認められません。
・日本コミッショナーは運送委託について2022年11月1日に施行された「コミッショナーの職務に関するガイドライン」における「包括請求」にて執り行います。
・アクセプトされた作品(ワンフレーム含む)については、アクセプト料(一律5,000円)を頂戴します。アクセプト決定後のキャンセルはできません。
・包括請求における運搬手数料として通常のフレーム出品は1フレーム当たり5,000円、ワンフレーム出品は1作品当たり11,000円を申し受けます。航空会社から超過料金等を請求された場合についてのご負担はありません。
・作品及びカタログ・パルマレス等の書籍類、メダル類、特別賞等の日本国内における発送費用については従来通り出品者負担となります。

<出品クラス>
 競争出品
― Class 1:FIAPチャンピオンシップ・クラス
(2014-2023年の過去10年間におけるFIP / FIAP展でLG3回受賞[うち少なくとも2回FIAP展でLG受賞]の作品)
― Class 2:伝統郵趣
 (A) インドネシア/ナショナル
(蘭領東インド、日本占領下のインドネシア、インドネシア共和国)
 (B) アジア・オーストラレーシア(オーストラリアとその周辺地域)
 (C) その他の地域
― Class 3:郵便史
 (A) インドネシア/ナショナル
(蘭領東インド、日本占領下のインドネシア、インドネシア共和国)
 (B) アジア・オーストラレーシア(オーストラリアとその周辺地域)
 (C) その他の地域
― Class 4:ステーショナリー
― Class 5:航空郵趣
― Class 6:宇宙郵趣
― Class 7:テーマティク
(A) 自然  (B) 文化  (C) 科学技術
― Class 8:マキシマフィリー
― Class 9:印紙
― Class 10:現代郵趣(2001年以降)
  (A)伝統郵趣 (B)郵便史 (C)ステーショナリー
  ※出品資格はコミッショナーの推薦によります。現代郵趣クラスに作品が受理されることが、他のクラスの受理を妨げることはありません。それ以外の出品の詳細は原文IREXに規定されていますので従ってください。
― Class 11:絵葉書クラス
― Class 12:オープン郵趣
― Class 13:ユース 
 (A)2024年1月1日時点で10歳から15歳まで (B)同16歳から18歳 
(C)同19歳から21歳
― Class 14:ワンフレーム(1フレーム出品)
  このクラスの作品はマルチフレームからの抜粋された1フレームではなく、ワンフレーム作品にふさわしい狭い範囲の主題を取り扱っていなければなりません。点数(60-100点)が記載された賞状のみ授与され、メダルはありません。出品申込書には、以下のA-Hのどのサブクラスに該当するか、ご記入ください。
  (A)伝統   (B)郵便史  (C)ポスタル・ステーショナリー 
(D)航空郵趣 (E)宇宙郵趣 (F)テーマティク  (G)マキシマフィリー
(H)印紙
― Class 15:郵趣文献
 (A)郵趣書及び研究書(2019年1月1日以降刊行)
(B)郵趣雑誌および定期刊行物(2022年1月1日以降刊行の1年分)
(C)カタログ(2022年1月1日以降刊行の1年分)

<フレームおよびリーフの大きさ>
 JAKARTA2024の展示フレームの大きさは97cm x 120cmです。FIPが定める3つの推奨サイズは以下の通り:標準サイズ(21 x 29.7 cm あるいは 23 x 29 cm、1段4ページ)、ダブルページ(42 x 29 cm あるいは 46 x 29 cm、1段2ページ)、いわゆるワイドサイズ(31 x 29 cm, 1段3ページ)(保護ラップ込)。これらのサイズからのわずかな超過は認められますが、フレーム内で重なる部分が出ると考えられ、それによる損害についてJAKARTA 2024組織委員会は責任を持ちません。暗い色のリーフは受け付けられません。
 フレーム数は次のようになります。
 Class 1: 8フレーム
 Class 2-10、14 過去の受賞歴により
   (a)FIP / FIAP 展で大金銀賞以上: 8フレーム
   (b)FIP / FIAP 展で金銀賞以下 : 5フレーム
 Class 13A 1-3フレーム
 Class 13B 2-4フレーム
 Class 13C 3-5フレーム
 Class 14 ワンフレームクラスは1フレーム
 Class 15 郵趣文献は2冊ずつJAKARTA2024組織委員会に郵送。
 (郵送先)OC Jakarta 2024 c.q. Mr Tono Dwi Putranto
Vila Japos Blok H2 No. 35, Ciledug Tangerang 15153, INDONESIA.
Phone : +62 – 21 – 7327228 / Mobile : +62 – 81932692888
  ※アクセプト連絡前の送付はトラブルの元ですのでおやめください。

 出品者は組織委員会により割り当てられたフレーム数を変更できません。

 リーフは保護ラップに入れ、表面の右下にリーフ番号を記入すること。
 鑑定書を取得したマテリアルについては、鑑定書原本をリーフ裏側に挿入した上でアイテム右下に©の文字を表示すること。その他、特別規則の指示に従ってください。
 ご不明な点はお気軽にコミッショナーまでお尋ねください。

以上
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
Categories
トラックバックURL
http://alljapanstamp.blog.fc2.com/tb.php/134-bc4e665f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top