fc2ブログ
03.19
Tue
2024年11月29日から12月3日まで、中華人民共和国(以下、中国)上海の上海天覧中心(1000 延安中路 上海 20040、英文の名称と地番はShanghai Exhibition Centre, 1000 Yan’an Road Shanghai, China 200040)で、FIAP後援のアジア切手展<CHINA 2024>が開催されます。

 本展の特別規則から、出品に関する事項を抜粋しました。正式な規則の文言ならびに出品に必要な書類の用紙や規則の正式な文言などは、必ず、主催者発表のIREX( https://www.stampexhibiting.com/uploads/1/4/1/9/141958301/china_2024_individual_regulations__1_.pdf )でご確認ください。なお、出品の申込書は(展示作品)は、https://www.stampexhibiting.com/uploads/1/4/1/9/141958301/china_2024_exhibit_application_form__1_.pdf 、同(文献)は https://www.stampexhibiting.com/uploads/1/4/1/9/141958301/china_2024_philatelic_literature_exhibit_information_sheet__1_.pdf でダウンロード可能です。

<コミッショナー>
 内藤陽介(ないとう・ようすけ)
 〒130-0023
 東京都墨田区立川4-5-11-401
 電話 090-4543-1235
 電子メールy-naito@xk9.so-net.ne.jp
(※スパム防止のため@を半角にしてください)
出品の応募書類は内藤がお預かりして、先方指定の期日までに展覧会事務局に送る予定です。ただし、現時点では、日本人の中国入国にはヴィザが必要なため、ヴィザが取得できなかった場合はコミッショナーが交代する可能性があります。この点、あらかじめご了承ください。

なお、IREX(特別規則)の要点は下記の通りです。

<国内での出品受付期間>
2024年4月15日(月)から25日(木)にコミッショナー(内藤陽介)宛に出品申込書とイントロダクトリーページ(タイトルページ)を電子メールでお送りください。(郵送は原則不可)
以前の出品作品のタイトルを変更して出品する場合は、必ず、以前のタイトルを出品申込書に記載してください。
*2024年4月15日以前に申込書をお送りいただいても、受理できませんのでご了承ください。
・なお、2024年3月15日の時点で、組織委員会から発表されている出品関係のスケジュールは以下の通りです。
 (4月25日 国内コミッショナー宛出品申込〆切)
4月29日 組織委員会宛の出品申込書提出〆切
7月20日 出品可否の結果をコミッショナーに通知
9月29日 文献出品の搬入期限
9月30日 出品料送金の〆切

<出品料>
・すべての出品料は以下の通りです。
・ユース、文献、ワン・フレームを除く部門:1フレームにつき50米ドル
・文献は1件につき50米ドル
・ワンフレは1作品70米ドル
 

<搬入の方法>
・フレーム出品:2024年11月28日までにコミッショナーが全作品を搬入するよう指示されておりますので、原則として、コミッショナーによる所定の手数料(出品が受理された方に別途通知します)を申し受けるほか、航空会社から超過料金等を請求された場合には、別途、応分のご負担をお願いいたします。
文献作品:2024年9月29 日に組織委員会(具体的な送付先は後日発表)必着

<出品クラス>
 サブクラスがある部門の場合は、申込書にサブクラスも併せて記入してください。
 競争出品
― Class 1:FIAPチャンピオンシップクラス
 2014-23年の10年間に開催のFIP展/FIAP展で3回(異なる年度で開催のもの。うち2回はFIAP展での受賞が条件)大金賞を受賞した作品(グランプリは大金賞としてカウント)
― Class 2:伝統郵趣
 A)中国
 B)アジア、オーストラリア
 C)その他
― Class 3:郵便史
 A)中国
 B)アジア、オーストラリア
 C)その他
― Class 4:ステーショナリー
― Class 5:航空郵趣
― Class 6:宇宙郵趣
― Class 7:テーマティク
 A)自然
 B)文化
 C)科学技術
― Class 8:マキシマフィリー
― Class 9:印紙
― Class 9:絵葉書
― Class 10:現代郵趣(2001年以降の郵趣マテリアルを中心に構成すること)
*国内展での受賞歴に関わらず、コミッショナーの推薦があれば出品可能。
A)伝統郵趣
 B)郵便史
 C)ステーショナリー
― Class 11:絵葉書
― Class 12:オープン・フィラテリー
― Class 13:ユース(年齢ごとのサブクラス分類は省略)
― Class 14:ワン・フレーム(賞状のみでメダルは授与されません)
― Class 15:FDC(試行クラス)
― Class 16:郵趣文献 出版形態により対象となる期間が異なりますのでご注意下さい
 A) 2019年1月1日以降に出版された書籍、研究書
 B) 2022年1月1日以降発行の雑誌、定期刊行物
 C) 2022年1月1日以降に出版されたカタログ
*通常の出品申込書に加え、文献用の情報フォームを記入すること。


<フレームおよびリーフの大きさ>
 展示フレームは97cm×120cmなので、1フレーム16リーフ展示の場合、1リーフの大きさは保護ラップ込みの大きさで最大23㎝×29㎝。8リーフ展示の場合は同46×29㎝(A3も可)、12リーフ展示の場合は同31×29㎝まで展示が可能。

以上
スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
Categories
トラックバックURL
http://alljapanstamp.blog.fc2.com/tb.php/135-360bf867
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top