09.20
Fri
<PHILAKOREA 2014> コミッショナーの井上和幸と申します。

2014年8月7日から12日の6日間、韓国・ソウル市のCOEX (Convention & Exhibition Center) Hall Aで、世界切手展が開催されます。やっと現地よりブルテンおよび出品申込書が届きましたので、お知らせいたします。ふるってお申込みください。

特別規則は本切手展のウェブサイトに掲載されています(原文英文)。
出品申込書および文献用のInformation Formはメールでご請求ください。

<国内出品締切> 2013年11月30日コミッショナー(井上)必着

<提出書類・出品料など> 

1.一般競争出品の場合
今回の出品申込書はカーボンになっていません。
出品申込書(1部)を印刷し、必要事項をご記入のうえ、タイトルページのコピーを添えて当方までお送りください。出品申込書については当方で必要部数のコピーを取って、実行委員会にお送りします。同時にご出品者にも控えをお送りします。複数必要な方は適当にカラーコピーしてください。
なお、出品料は1フレームUS$80、但しユース(無料)、ワンフレームはUS$130です。

2.文献部門の場合
出品申込書の他に、文献用のInformation Formをご記入提出ください。また、内容の見本コピー(できれば英文の目次)も添えてください。文献は1作品US$80です。

<出品お申込先>
 井上和幸(いのうえ・かずゆき) e-mail:doctor★yushu-rengo.jp(文字は半角に、★は@に変えてください)
※お問合せはできるだけe-mailでお願いします。何かご不明の点があれば、上記までご遠慮なくお問い合わせください。

<PHILAKOREA 2014>日本代表コミッショナー 井上和幸


<参考:特別規則・日本語要約> 注: 必ず原文に当ってください。

1.開催時期 2014年8月7日 – 12日(6日間)

2.開催場所 COEX (Convention & Exhibition Center) Hall A, Seoul, Korea
訳者注: 2002年(FIP)、2009年(FIAP)と同じ会場です。COEXのホールについては、ホームページからの情報です。

3.運用される諸規則
- The General Regulations of the FIP for Exhibitions (GREX)
- The General Regulations of the FIP for the Evaluation of Competitive Exhibits at FIP
Exhibitions (GREV)
- The Special Regulations of the FIP for the Evaluation of Competitive Exhibits at FIP
Exhibitions (SREVs)
-PHILAKOREA 2014 特別規則(IREX)

4.参加条件:競争出品は国内展で、少なくとも75点か同等の賞を獲得していること。

5.出品クラス:

競争出品
― Class 1:FIPチャンピオンクラス

― Class 2:国別伝統
 A) Korea
 B) アジア・オセアニア・アフリカ
 C) ヨーロッパ
 D) アメリカ

― Class 3:郵便史
 A) Korea
 B) アジア・オセアニア・アフリカ
 C) ヨーロッパ
 D) アメリカ

― Class 4:ステーショナリー

― Class 5:航空郵趣

― Class 6:宇宙郵趣

― Class 7:テーマティック
  A) Nature、B)Culture、C)Technology のいずれかのサブクラスを記入のこと。

― Class 8:マキシマフィリー

― Class 9:印紙

― Class 10:ユース 2014年1月1日時点で
 A) 10歳から15歳
 B) 16歳から18歳
 C) 19歳から21歳

― Class 11:文献
A) 2009年1月1日以降に出版された書籍
B) 2012年1月1日以降発行の雑誌
C) 2012年1月1日以降に出版されたカタログ
*文献の出品には通常の出品申込書に加え、文献専用の申込書も提出してください

― Class 12:ワンフレーム(実験クラス)
ワン・フレーム出品には賞状のみでメダルは授与されません。また、マルチ・フレームからの抜粋展示は好ましくありません。出品申込書には、以下のA-Hのどのサブクラスに該当するか、ご記入ください。
  A)国別伝統
  B)郵便史
  C)ポスタル・ステーショナリー
  D)航空郵趣
  E)宇宙郵趣
  F)テーマティク
  G)マキシマフィリー
  H)印紙

― Class 13:(21世紀の)現代郵趣
現代郵趣の最高水準の作品を展示して、この分野の収集を促進するとともに、郵政当局に対して21世紀以降(2001年から現在まで)に発行されたマテリアルを収集・研究しているフィラテリストが相当数存在していることを示すためのクラスで、(A)国別伝統、(B)郵便史、(C)郵便ステーショナリーの各分野での出品が可能です。

現代郵趣に出品するには、郵政当局により21世紀に発行された郵趣品を含んでいなければなりません。おおむね2001年以降に発行された切手シリーズが本クラスに該当します。しかしながら、2001年以前に発行されたマテリアルで作品に重要かつ関連があるものについては、わずかな%であれば認められます。

出品作品には、審査の結果、しかるべきランクの授賞メダルが授与され、そのデータはFIPの公式記録にも掲載されます。なお、採点の結果、60点以下の場合はメダルではなく参加証が授与されます。

出品の可否は、各国コミッショナー(日本では井上です)の推薦を受け、PHILAKOREA組織委員会が決定することになっています。フレーム数は3又は5フレームです。現代部門へのエントリーにより他の出品部門がアクセプトされなくなることはありません。

6.リーフのサイズとフレームの割当数
・フレームの大きさは97cm×120cmです。各フレームには最大16ページ(4×4)収容可能です。1リーフのサイズは最大で23cm x 29cmです。規定よりわずかに大きなリーフについては、一部、重ねての展示となりますが、組織委員会はその場合、ページの損傷等について責任をもちません。黒色ないしは濃色のリーフは受け付けません。鑑定書を添付する場合は原本をページの裏に挿入してください。

・フレームの割当数:GREX6.4、6.5に従い、クラス10・12・13を除き、5フレームまたは8フレームが割り当てられます。これは過去にFIP展/FIAP展で85点(大金銀賞)以上を受賞した作品に8フレームを割り当てる等定めた条文です。

・クラス10ユース部門:
 サブクラスA(10-15歳)  1-3フレーム
      B(16-18歳)  2-4フレーム
      C(19-21歳)  3-5フレーム
・クラス12 ワンフレーム 1フレーム
・クラス13 現代郵趣:3または5フレーム

7.出品申込と結果の通知
出品申込に際しては、所定の書式に必要事項を記載の上、作品の内容を説明するページ(タイトルないしはプランのページ。英文で記載が好ましい)のコピーを添えて、ナショナル・コミッショナー(井上)宛にお送りください。

お申込みいただいたご出品の可否は、組織委員会の検討を経て、2014年3月28日までにコミッショナーに告知されることになっています。出品が受理された場合、正当な理由なく、出品をキャンセルすることはできませんのでご注意ください。以前の出品作品のタイトルを変更して出品する場合は、変更の大小を問わず、必ず以前のタイトルを出品申込書に記載してください。

8.出品料:出品作品の決定後、所定の出品料に送金手数料(人数割り)を加算した金額をご請求いたします。
・ユース、文献、ワンフレームを除く各部門の出品料は1フレーム80米ドル
・文献の出品料は1件につき80米ドル
・ワンフレームは130米ドル
・ユースの出品料は無料

9.作品の搬入と返却
〆切を過ぎて到着した作品は審査の対象外となります。作品未着の場合、出品料は返金されません。出品物は取り外し可能な保護カバーをつけ、各リーフの表面右下(ママ)に展示順の番号を記してください。作品の受領後、組織委員会はしかるべき受領証を発行します。出品物は組織委員会の支給する指定の封筒に入れて搬入してください。インヴェントリーフォームは最初のフレームの封筒に入れてください。

なお、作品の搬入に関しては、コミッショナーによる持込みが強く推奨されていますが、作品をお預かりする際には、別途、コミッショナー(井上)の指定する条件をご承諾いただくことが前提となります。条件についてはコミッショナー(井上)までお問合せください。もしも作品を、下記・組織委員会宛に直接郵送される場合、文献部門を除く全ての作品の郵便での搬入期日は2014年7月31日に設定されています。ただし、2014年7月1日以前に到着することは無いようにしてください。

文献出品は2014年6月6日までに各タイトルにつき2部ずつ、下記の組織委員会宛に送付してください。文献出品は返却されません。

<組織委員会の住所>
PHILAKOREA2014 World Stamp Exhibition, Organizing Committee,
6 Jongro, Jongno-gu, Seoul 110-110, KOREA

10.展示・撤去
展示撤去は原則として組織員会により行われますが、出品者あるいはコミッショナーが直接の展示撤去を希望する場合には、組織委員会はその方法・条件を提示します。

出品者あるいはコミッショナーが、作品を会場に持ち込むため、あるいは作品を本国まで返却する場合に費用が掛かる場合には、その費用を負担することになります。

エアカーゴ(航空貨物)での搬出入は認められません。

作品の撤去・返却後の、出品者やコミッショナーからの苦情を、組織委員会は受付けません。展覧会期間中の作品の返却・撤去については認められません。

11.作品のセキュリティ
組織委員会は会期中の作品のセキュリティについて相応の対策を講じますが、作品の輸送時、会期中の展示・撤去の際のマテリアルの紛失・汚損などについては責任を負いません。出品物の保険については、出品者個人の責任と負担においてかけるものとします。

12.関係連絡先
・組織委員会:  
Organizing Committee of PHILAKOREA2014
Address : 6 Jongro, Jongno-gu, Seoul 110-110, KOREA
Telephone : +82-2-2195-1204 ~ 6
Fax : +82-2-2195-1299   E-mail : philakorea2014★koreapost.go.kr
スパム防止のため★を@に変えてください。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://alljapanstamp.blog.fc2.com/tb.php/14-b27f6e13
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top