FC2ブログ
12.05
Wed
 アジア国際切手展<SINGPEX 2019>は、2019年7月31 日(水)から8月4日(日)の5日間、2,500フレーム規模(予定)で、シンガポールのサンテック・シンガポール国際会議展示場にて開催されます。主催はシンガポール郵趣家連盟です。FIAPが後援(Patronage)、FIP公認(Recognition)。本切手展のコミッショナーは山﨑好是が担当します。

 本展の特別規則から、出品に関する事項を抜粋しました。正式な規則の文言ならびに出品に必要な書類の用紙や規則の正式な文言などは、必ず、同展ウェブサイトに掲載の特別規則の原文(http://singpex2019.com/)でご確認ください。印刷・製本された状態のブルテン等は11月20日現在、制作されていません。

<コミッショナー>
 山崎好是(やまざき・よしゆき)
 〒169-0073
 東京都新宿区百人町2-21-8
 電話 03-3361-3142
 電子メールnarumi@mvg.biglobe.ne.jp
なお、IREX(特別規則)の要点は下記の通りです。

<国内出品締切>
・2018年12月10日(月)(必着)までにコミッショナー(山﨑好是)に出品申込書とイントロダクトリーページ(タイトルページ)と送付する。郵送(12月7日までに投函)だけではなく、電子メールでのご送付も受け付けます。なお、以前の出品作品のタイトルを変更して出品する場合は、必ず、以前のタイトルを出品申込書に記載してください。
・組織委員会からの出品可否の通知は2019年2月27日ころを予定。

<出品料>
・すべての出品料は以下の通りです。
・ユース、文献、ワンフレームを除く部門:1フレームにつき80シンガポールドル
・ユースは無料
・文献は1件につき80シンガポールドル
・ワンフレは1作品110シンガポールドル 

<搬入の方法>
・フレーム出品:コミッショナーが全ての作品を手で持ち込むことが要求されます。(この場合コミッショナーによる所定の運搬手数料[1フレーム当たり4,000円]が出品料の他にかかります。)
文献作品:2019年6月30日までに各2部づつ、組織委員会(SINGPEX 2019, 629 Aljunied Rd, #08-19, Cititech Industrial Building, Singapore 389838)に必着のこと。

<出品クラス>
 競争出品
― Class 1:FIAPチャンピオン・クラス (2009-2018年の10年間にFIP/FIAP展において3回以上LG受賞の作品)
― Class 2:伝統郵趣
 A)シンガポールとマレーシア
 B)アジア、オセアニア
 C)残りの地域
― Class 3:郵便史
 A)シンガポールとマレーシア
 B)アジア、オセアニア
 C)残りの地域
― Class 4:ステーショナリー
 A)シンガポールとマレーシア
 B)残りの地域
― Class 5:航空郵趣
 A)シンガポールとマレーシア
 B)残りの地域
― Class 6:宇宙郵趣
― Class 7:テーマティク
 A)自然 B)文化 C)科学技術
 *出品申込書には作品がA-Cのどのサブクラスに該当するかを記入してください。
― Class 8:マキシマフィリー
― Class 9:収入印紙
― Class 10:現代郵趣(1980年以降)
 (A)国別伝統、(B)郵便史、(C)ステーショナリーの各分野。
*国内展での受賞歴に関わらず、コミッショナーの推薦があれば出品可能。他部門への出品と重複しての出品も可能です。
― Class 11:絵葉書クラス(実験クラス)
― Class 12:ユース 
  A)2019年1月1日時点で10歳から15歳 B)同16歳から18歳 C)同19歳から21歳
― Class 13:郵趣文献
 A) 2014年1月1日以降に出版された書籍、パンフレット、研究書
 B) 2017年1月1日以降発行の雑誌、定期刊行物
 C) 2017年1月1日以降に出版されたカタログ
*通常の出品申込書に加え、文献用の情報フォームを記入すること。
― Class 14ワン・フレーム(1フレーム出品)
  出品申込書には、以下のA-Hのどのサブクラスに該当するか、ご記入ください。
  A)国別伝統 B)郵便史 C)ポスタル・ステーショナリー D)航空郵趣 E)宇宙郵趣 F)テーマティク G)マキシマフィリー H)印紙
 *ワンフレーム出品には賞状のみでメダルは授与されません。また、マルチ・フレームの作品からの抜粋展示は認められません。

(全日本郵趣連合より)
 今回のシンガポールアジア国際切手展は、切手展の分類としてはアジア切手展(FIAP展)に属しますが、一方でFIP(国際郵趣連盟)のRecognition(公認)もとっています。
 よって、この切手展で、もしも5フレームで大金銀賞以上を受賞した場合、原則として、直後のFIP/FIAP国際展から、8フレームでご出品いただくことになります。
 特例として、非常に拡張が難しいテーマの場合、SINGPEX2019の授賞式の日から数えて3年間の猶予が認められる場合がありますが、その場合であっても、猶予期間満了後は、8フレームでないと出品できなくなります。以上の件、ご出品に当っては、くれぐれもご注意ください。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://alljapanstamp.blog.fc2.com/tb.php/94-6950b855
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top